早いのか遅いのか破竹

今年のタケノコは、収穫減となってしまった。
イノシシのせいではなく、成長が悪いように感じた。
気候の性なのだろうか。
どんな変調を起こしているというのだろうか。
雑草の成長は、変わりなし。
孟宗竹の後は、破竹となっていく。
日の当たる絶好の場所は、もう収穫が出来るようになっている。
画像

キジと蛇に配慮して、糸での雑草駆除。
どこで、どんなように破竹が出てくるかは、分らない。
古い破竹は、斜めに倒れかけていたので、伐採した。
広がりつつある破竹。
柔らかい土壌の所に、広がりつつある。
ヤノタケの伐採も続けつつの採取もいいのかもしれない。
毎日チェックしなければいけない破竹の勢い。
こりゃ、どこまで成長するやら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック