テーマ:生活

さてさてクレソンちょうだい

自噴井戸からの水によって成長しているクレソン 肥料もなく、よく育つものです。 ちょくちょく摘まんで食べるが一向に、減ることを知らない。 これから、時間が経つと、虫たちの餌になる。 虫たちが食べて終了となるのが常とするのが一番いいことなのかもしれない。 栽培して売りに出すわけでも無し。 こちらが認識(納得している)していれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴミゼロ2019

ゴミゼロ2019が、古敷谷でおこなわれた。 道路に落ちているごみを拾って歩く。 トンネルまでの短い距離で、軽トラック1台分のゴミが拾われた。 徳氏トンネルまでの間で、民家がない。 監視する者もなく、投機されるごみ 自分の庭にゴミを投げ込まれたどうだろう。 そう考えたら、捨てらんないだろうな。 全ての土地に責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツツジが一足咲に

語呂合わせです。 一足先にって感じで、元屋敷近辺のツツジが咲き始めた。 岩ツツジなのだろうか 甘い蜜を吸いに、ミツバチ達が飛んでいる。 それと一緒に、人もおすそ分け 花を摘んで、舐めてみる。 毎年、どこかでやらなければならない行事のようなもの。行動。 都会の道路わきでは出来ないが、車もそんなに走っていない所では、気にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三つ葉アケビ2019

そんな事とは、つゆ知らず。 一本あればどうにかアケビが実ってくれるとばかり思っていた。 そこいらじゅうに、アケビが実っているのに、我家のアケビは何をしているのだろうか? 紫の雄しべや雌しべがあるというのに、なぜ。 これだけでは、実がなりずらいということ。 他の種の花粉が必要だと分かった 一番花が咲いている。 蔵の外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっちみてない水仙

正面を向いてくれていない水仙達 牛久MBCのメンバーと長年植え付けている水仙達が今年も立派に成長してくれている。 しかし、裏の土手側を向いて咲いているのは、ちょっと気になるところ。 午前中は、太陽が真上にあったというのに、花弁はどこを目指しているのだろうか。 数回目の球根の植え付けを行ってきた。 次回の植え付けのターゲット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と準備が続く ホタル

6月までに、確保をしなければならない 水路にカワニナはいるのだろうか ホタル自身のための水は、どこから流れてくるのだろうか 湧き水だけの水の確保でよいのだろうか 乾くことを知らない田んぼだと聞いている 全面とはいかないが、草刈りを決行しようかな 竹も倒れていることだし、奥側も今後の事を考えて探索しとかないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸

春分の日、秋分の日を挟んだ前後3日の一週間 いつその日が決定するかは、分らないらしい。 そんな仏教的な日づけを、閣議決定されるとは、びっくり。 今では、休日としての日程にしかないのだろうか? お墓参りとしての信仰もどこかへ吹き飛んでしまったような。 暖かい一日に、お墓の掃除も大勢の方々が集う。 そんな田舎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘平さん

甘い甘い愛媛のミカンです。 一個食べると腹いっぱいになりそうな、大きなミカン 頂きものですが、大満足。 皮が薄いのがちょっと気になります。 バラバラになるほどの薄さ。 それだけに、中身がぎっしり詰まっていそう。 写真では、比較するもんがなかったので、全くといって大きさが分からない。 そう言われることも承知。 開けて中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソラマメの成長

ソラマメにビニール掛けを施してある。 種を蒔いて(植えて)様子を見ている 10cmほどに成長している。 資料によると、ソラマメが寒さに強いと書いてあった。 しかし、そのタイミングも定植のタイミングがしっかりしている場合のみ。 あまり、成長が進んだソラマメは、霜害になってしまうらしい。 生育温度は、15~20度 25度以上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凍るかな

朝の五時には、シンシンと降り出してしまった雪 八時には、みぞれの予定が大粒の雪が降ってきてしまった。 天気予報では、雪マークであったが、ミゾレ程度の模様だったのに。 半日以上、雪状態が続く だれも通らないので、薄っすらと積もり始めてしまった。 これが、溶けて今夜からの気温の低下により凍結が始まってしまう事だろう。 畑に通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェンソー メンテ

買って数時間も使っていないのに、修理に出さなければならないのは、メンテが悪いせいか 燃料の使い切りも行わない。 チェンソーオイルの交換もしない そのうえ、刃手入れは、どうすればいいのだろう やっと最近、仕組(構造)が分かってきた。 スタータを引っ張ってもエンジンが掛からない ポンプまでは何とか燃料が行っているが、チビっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆氷柱

自噴井戸の落とし水の近辺には、寒さの中の造形が出来ていた。 気にすることもなく、なんとなく発見。 石油タンクの残量を確認している最中に発見 下のトレイに、出口側の排水弁にゴミが溜まり、水が満水になっていたことで出来たのかもしれない。 1m50cmほどから落下してくる水が回りにはねて、草木を使って凍結してできた氷柱。 中には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜が咲いているように

昨晩の雪で、桜の花が咲いているような錯覚を 一番早く咲く場所の桜 青い空をバックに見上げると、桜の花が満開のような白さ 一番高い木も真っ白な雪が積もり花が咲いているような景色 細かな氷が枝に映えている 中々の景色となっているが、光の加減ではっきりしない しかし、そこいらじゅう真っ白な銀世界なった。 東京もんに言わせるそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一面真っ白

10時過ぎから無音の世界に突入 窓の外を見ると、しんしんと降る雪 草木に積もり始める光景をじっと見ていると、このまま行くと朝の状態がまずいと思った。 案の定、朝になると積雪及び凍結 数台の車しか通っていない。 朝、確認のためにゴルフ場関係者の方が、出勤されたのだろう車が、帰途に就く、 そんな車両だけの古敷谷。 星見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このまま雨で終わりそうな

強く降っていた雨も夜半になれば雪に変化するかと思えば。。。。。。 22時現在でも雪の装いもない。 雪に変化したならば、田舎では速攻で、感知することが出来る。 1.雨だれの音が無くなる。 2.全ての音が無くなる。(鳥の声も獣の声も) 本当に静寂の世界の中にいるように。 最近では、0℃近辺の温度はざらにあった。 氷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加茂菜の成長

いつもだったら、加茂菜の漬物の講習会から取材に赴く。 しかし、今回は成長過程からの写真撮影に赴いてみた。 近年では、2月の初旬で加茂菜の漬物の講習会を行っていた。 成長が思わしくない年もあったそうです。 今回は、雨が少ないが天候が良かった日々が多かった。 霜下て、黄色くなっている葉っぱは少なく、順調に成長しているようにも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉花粉

薪割りの最中に、杉の良い香りがするのが分かった。 元屋敷の竹の中に細々と立っている杉。 日陰過ぎる場所であるために、成長が悪い。 伐採してしまうのも忍びない。 倒木したものであれば、容赦なく薪として使用する。 星見会開催時の暖房となる貴重な資源となる。 半分生のままの杉の木 倒木となって、1年は経過しているが、割ってみると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本格的な冬支度

ちらつくだけの雪と思っていると、とんでもない事になりそうなので、そろそろ雪支度といこうか 里山では、作業のたびに薪割りを行い、蓄え十分に行っている。 後は、Vハウスの元の雪支度がまだである。 家の周りの樹木の選定が終了して、薪となる材料は調達した。 ストーブに入る大きさに割らなければならない。 斧等が持ち運びで安全ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Vハウス2棟目

やっと2棟目となりました。 Vハウスの屋根とサイドのビニールの設置終了 作業中でも室内の温度は、グングン上昇 昼休みの温度で、30度超え このVハウスも今後室内施工を施しての休憩所。 今後の課題は、地面から上がってくる湿気 第一号のVハウスも雨のように水滴が落ちてくる状態だった。 数か月は、湿気との闘いとなるが、2重構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の花

今年は、早いのやら遅いのやら 梅の花が咲いている 小さな花を一つ二つとまだまだ咲き揃うとまではいかない。 ピンクの小さな花を咲かせているのは、家の前の田んぼの中 一日中陽が当たっているので、温かさを一手に引き受けている。 湯原青年館の裏の梅の花は、真っ白な花だが名前が両方ともわからない。 新年会の1月1日に花が咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019初水道管破裂

上古敷谷農村公園のトイレの水道管が破裂してしまった。 凍結防止のために、色々と苦労して、巻物もしてあった。 昨日の夜から朝にかけてなのかトイレ前が濡れていることに気が付いた。 外に手洗い場の水道管の破裂ということで、管理者に連絡を入れなければならない。 今回の破裂箇所は、最終蛇口手前の下側だったので、中間地点のコックを閉鎖してあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新芽がお出ましでありがとうございます

寒さがますます厳しくなっている。 新年そうそう心配していた。 準備するのが、いつも通り遅い でもって、途中からビニール掛けをして。 ソラマメの新芽を発見 外敵にやられないように。 霜に当たらないように。 次の段階はどうしたらいいのだろうか? もうちょっと、過保護状態を続けてみよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜の花とボタンキュ

古敷谷の我が家の桜は遅い 今日の天気によっては、咲いているかもしれない しかし、数日前の桜は、やっと準備段階 仕方ないので、菜の花の黄色と1本になったボタンキョの白い花で季節感を出してみた。 左の桜の木には、彩が全くないのでご容赦を 明日の朝になれば、見られたもんになっているかもしれない。 高滝ダムの神社前の道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇帝ダリアは

今年の皇帝ダリアの成長過程は失敗に終わってしまった。 霜下てしまうのが早かった。 というより、大風に遭遇して、倒壊してしまった状態が長く続いて朽ちてしまった 赤玉土に入れ、発砲スチロールと籾殻で保温と考えていたが、フシの部分から芽が出ることは無かった。 これからの気温で天日干しののちに、この皇帝ダイリアから芽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水仙2018

いつになったら暖かくなるのだろう ガクッと寒くなったと思ったら、急に暖かくなる。 気温の変動に着いていくのも大変になってきた。 周りの風景を見て、季節を思い起こす。 菜の花が咲いているのは、北部の方から重点に。 まだ、南市原ではちょっと待った状態。 今年で何年になるだろうか 分球が数回進んでいることは確かだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イチジク植替えの時期は

イチジクの木が中途半端な場所だった。 もっと伸び伸びと 陽をいっぱい浴びる所へ 北風は、Vハウスに遮られ、南風を受けて成長してくれるだろう 今度の場所は、フルオープンのため日陰になる事は、そんなにないだろう。 これからの成長の度合いがたのしみ。 その他は、イチジクの枝葉の誘導をどのようにしたらいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風に負けるか重力に負けるか

この季節の草刈りは、楽なのだろうか 荒れ地の草を刈るのに、一定方向を向いて倒れている。 風が吹いてそれに影響しての倒壊なのか 雪の影響での倒壊なのか 竹に草が絡みついての倒壊 ドウム型になって、空洞が出来ている。 何かの住処にもなりそうな光景 今年はまだキジに怒られる状態には遭遇していない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒さのためかな

最近、雪が降ったりと寒さが続いていた 朝の一番の難点は、自動車のドアが開かない 反応が悪かった。 朝だけの無反応 ということで、不安MAXだった。 電池交換といたしました。 道具を使わずとも、物理的キーにて分解が出来る。 手前の金具が物理的キーとなっている。 本当に、電池がなくなったり電子キーが効かなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山の囲炉裏

数年ぶりの囲炉裏 里山が出来てからなかなか火が灯る事がなかった。 吹きっさらしの小屋でも、囲炉裏は暖かい 今年の火入れ式慣行 伐採した丸太もチェンソーで切断 上古敷谷里山の会のメンバーで今年も里山を整備し、ホタルの乱舞を楽しみに作業する月1回の作業日。 次回は、溝の周りを整備する計画。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018立春

立春なのです。 雪も残っている今日この頃 この寒さの中でも、立春なんです。 自然界でも、雪が降ろうとも、立春だと主張する。 今年もフキノトウが、小さくともニョキッと出現していた。 来週ぐらいには、一面に見つける事が出来るようになってしまう。 仕事をしていると取りに行くことが出来ないので、悔しい思いをすることが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more